家庭教師の心構え

社会人としての自覚

家庭教師は「先生」と呼ばれるにふさわしい責任をもった行動を求められます。
電話の応対や、話し言葉、さらには礼儀正しさといった社会人としての常識を守るよう心がけましょう。
授業への遅刻などはもってのほかですし、授業中に携帯電話を鳴らしたり、メールの確認をするなどの行為は慎まなければなりません。
自分なりに誠意ある態度を心がけて生徒や、ご両親に接するようにしましょう。大事なのは相手を尊敬する気持ちです。
space
line

生徒にとって家庭教師とは

家庭教師は生徒との年齢が近いので、生徒も学校の先生や親よりも心を開く可能性が高いです。
そのため、どんな悩みも相談できる兄や姉のような存在になるのが一番。
思春期まっただ中の生徒は人生の先輩である先生と話をしてみたいという子が多いのです。
また、家族も自分たちでは話してくれない悩みなどを引き出してくれるのではないかと
密かに期待している場合も多いようです。

学校でのできごとや、恋愛などのプライベートな悩みは家族には相談しにくいものですが、年齢も比較的近い家庭教師の先生には相談で きるという場合もあるでしょう。
悩みを打ち明けることで子供の気持ちも楽になりますし、学力にも影響します。そういう意味では、
良い家庭教師は学力などの頭の良さだけでなく、人間としてのコミュニケーション能力も必要となってくるといえるでしょう。


space
line

保護者との信頼関係

生徒との信頼関係はもちろん大切ですがそれ以上に留意しなければならないのがご両親との信頼関係です。理由は、お金を払うのは子供ではなく、クライアントである親だからです。
極端な話、子供にいくら嫌われようが親の信頼を得ている限りはクビにはなりません。
子供の信頼と親の信頼はある程度繋がっていますのでそのような事は、あまりないとは思いますが。
とはいえ家庭教師は収入を得るたるにやっているのですから、きれい事ばかりも言っていられません。
ご両親との関係を長持ちさせるためのポイントは、どれだけお金の部分を透明化できるかということです。意外かもしれませんが、仕事の上ではお金の部分を透明にできる人の方が、人との信頼関係を築きやすいのです。

space
line

生徒の学力を上げる

家庭教師をクライアントである家族が雇う理由は、当然のことですが子供の学力向上です。
家庭教師が認められるためには、やはり生徒である子供の学力を上げるのが一番の近道です。
また、家庭教師という仕事をしている自分から見ても生徒の成績が上がると嬉しいものです。
自分の仕事が結果に結びついているというのはモチベーションを高める上でもとても効果があります。
生徒からもご両親からも感謝され、家庭教師としてのやりがいを感じることができるでしょう。


line


家庭教師アルバイト登録